このBlogで、今まで書いてる記事を リスト表示します。 カテゴリと記事と兼ねて見やすくなっています
└→ サイトマップ

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2009年10月12日

寅さん映画のロケ地、堀川運河(日南市油津)

日南市油津の堀川運河を中心に、男はつらいよ第45作品「寅次郎の青春」1992年作品のロケが行われたところです。
運河周辺は整備されていて、車いすでも散策できます。
堀川運河



詳しくは、下記日南商工会議所HP
http://www.miyazaki-cci.or.jp/nichinan/k3.html


周辺地図


夢見橋

夢見橋の東側には無料駐車場もあります(車いす駐車場スペースはありません)


堀川資料館(入場無料)


資料館の2階へは階段のみですが、寅さん映画のチラシが第1作から展示されています。

第45作品 ほかにも山田監督や出演者のサインなどが飾られています。

またここから堀川運河を眺めることが出来ます。(堀川橋)

周辺には赤レンガ館や木造3階建ての杉村金物本店、NHK朝の連続ドラマで舞台となった京屋酒造本店なども散策できます。  


Posted by バリフリ事務局 at 23:20Comments(0)観光地及び観光地周辺情報

2009年10月04日

坂元棚田

日南市酒谷(さかたに)地区にある坂元棚田は、「日本の棚田百選」に認定された
田んぼの石垣と四季の変化が美しい風光明媚なところです。

日南市内から国道222号線を都城方面へ向けて車で走りますと、日南駅から20分ほどで道の駅酒谷に着きます。


道の駅酒谷(下記HPをご覧下さい)
http://www.miyazaki-cci.or.jp/nichinan/kankosakatani.html

地元の新鮮な野菜や草だんごが自慢の道の駅です。
ここには車いすトイレも男女別にあります。

道の駅から5分ほど車で走ると坂元棚田に着きます。


ここには駐車場がありますのでご利用下さい。車いす駐車スペースもあります。

駐車場の案内板

駐車場から上り坂ですので車いすだと介助者がいたほうが安心です。



この駐車場から少し車で移動すると棚田を見学する展望台もあります。

展望台の下から(車から)でも十分この景色は見れます。

今日からちょうど1週間後の10月11日(日)坂元棚田の稲刈りボランティアを募集しているそうです。
下記HPをご覧下さい。
稲刈りボランティア
http://tnd8585.exblog.jp/
  


Posted by バリフリ事務局 at 14:48Comments(0)観光地及び観光地周辺情報

2009年10月04日

飫肥城下町に行ってきました

宮崎市の中心部から国道220号線で日南海岸を通り日南市の西部の
飫肥まで車で1時間半ほど。
九州の小京都といわれています。


飫肥城大手門では、本日、時代劇の映画の撮影が行われていました。

駐車場は飫肥城大手門の南側にあり、そこには観光案内所や車いすトイレもあります。
詳しくは下記HPへ。
日南商工会議所HP 小京都飫肥
http://www.miyazaki-cci.or.jp/nichinan/kankoobi.html


駐車場ら大手門まで上りの坂道、大手門から城址や歴史資料館、武家屋敷の松尾の丸までは風情のある
ところですが、このような階段です。


「食べ歩き町あるき」のイベントが行われていたので城下町を散策してみました。
大手門下の駐車場から下りです。車いすだと介助者がいたほうが安心です。
詳しくは下記HPをご覧下さい。
(財)飫肥城下町保存会
http://www.miyazaki-cci.net/obi/


風情のあるまちなみです。


溝にこいが放流されていました。



車いすトイレのあるお店「まるき食堂」
段差なく入れます。「恋のやきもち」という、おだんご風のあんこもちを食べましたがおいしかったです。
詳しくは下記のHPをご覧下さい。
まるき食堂
http://nichinan.exblog.jp/9729034/


本町商人通り

飫肥城までは観光客は来るのでしょうが、城下町までは観光客もいかないのだと思います。
しかし風情のある通りやお店が多く、また町歩きで接した店の人たちもきさくに話してくれとても親切でした。
店の中に入ることが出来なくても通りからお店の人と話が出来るそんな親近感のわくところでした。
そして人通りが少なくなっている飫肥をなんとかしていこうとしている町の人たちの姿に好感が持てました。

皆さんも一度遊びに行って、飫肥のまちをゆっくり散策してみてください。
  


Posted by バリフリ事務局 at 00:42Comments(1)観光地及び観光地周辺情報