このBlogで、今まで書いてる記事を リスト表示します。 カテゴリと記事と兼ねて見やすくなっています
└→ サイトマップ

2007年11月29日

観バリフリ[ご挨拶]



**** ご挨拶 **************************************

行政と民間、双方からの20名近くの委員で
「宮崎観光バリアフリー検討委員会」というプロジェクトが動いています。
それを「サイトから発信」というカタチにします。

サイト(HP)開設には、いろいろな準備が必要です。
まだ、正式なサイト名も決まっていません。
しかし、その準備の中でも、
たくさんの方に知っていただきたいことがあります。

「仮称」を使って、このみやchanブログで、
その経過報告をさせていただこうと思います。

そして、障がいをお持ちの方や、高齢者の方は勿論、
そうでない方や、経営者の方の!

皆さんのご意見やアイディアも、いただけたらと思っています。
記事に対するコメントや、委員会へのメッセージで、
皆さんと、いっしょになって、

宮崎から発信する「観光バリアフリー」を目指したいと思います。

観光地だけでなく、誰だって「生活」があります。
行けるところではなく、行きたいところへ!!

**********************************************


クローバー 「宮崎観光バリアフリー検討委員会」について書かれた記事のご紹介です。
└→ pasokonoknさんの「行きたいとこに行くんだ!」
└→ 焼きあじさんの「観光バリアフリー」


クローバー 最新のお知らせです。
サービス全般に関するセミナー講師として活躍されている高萩徳宗氏の
講演「観光地に求められるバリアフリーサービス」が、12/16(日)に開催されます。
少なくとも、経営者である方には、ぜひぜひ足を運んで欲しい講演です。
入場無料です、ぜひ、足をお運びください → 詳細(2頁)


クローバー 順次、委員会のことや今までの動きをご報告していきます。
アップの際は、ご覧いただけたらと思います。
よろしくお願いたします。



同じカテゴリー(ご挨拶)の記事
 ブログをリニュアルしました (2009-01-18 17:10)

Posted by バリフリ事務局 at 08:48│Comments(27)ご挨拶
この記事へのトラックバック
← おマヌケなので!ハイ、本日、お気楽ばなしでごじゃります♪・・・でも、最後に、真面目なニュースがありますよ、読んでね!さてさて、先に1234とは?(冬は「123」になり...
ココシレ or 1234【パソコン教室♪パソコンこん♪ in 宮崎】at 2007年11月29日 08:52
この記事へのコメント
うれしいです。
サイト発信というカタチが、多くの方に告知できます。
パソコンこん先生のご協力で検討委員会に風がふきました。
この観バリ『ものの見方・考え方』が県内のホテル関係者・商店街の方々と、そして、県民に届き、ブログをつうじてキャッチボールという対話がはじまることに期待してます。

風がふくって!! 未来への定番ができるって。。。。。
Posted by どんこや at 2007年11月29日 13:34
ごくろうさまです。
チームバリフリさん、がんばりましょう!(ともに)
Posted by @焼きあじ at 2007年11月29日 20:24
>コメント頂いた方へ
まだ担当者の方のブログについての習得が未です。
申し訳ございませんが、しばし、お待ちください。
コメント、ありがとうございます。
代理人?が書きこませていただきました。
Posted by pasokonkon at 2007年11月30日 10:47
うれしいでした。

ブログをみられた地元記者や県外の車椅子生活者から。
サイトへの高い関心をお電話でいただきました。
観光の視点と商店街が抱えるバリアフリー問題がひかれ
るとのことでした。風が吹いてます。
Posted by どんこや at 2007年11月30日 12:27
そうですね。
店を新たに作る際はバリアフリーの点も考慮しての店作りをしたいですね。
お店のバリアフリーの事例などを画像付きでUPして頂けると勉強になります。
もし、そういう事が今後可能でしたら宜しくお願いします。
Posted by munemune at 2007年11月30日 21:45
皆様書き込みありがとうございます。
現在調査しているところは、写真を出来るだけ使い、調査された障害のある方や高齢の方たちのコメントを載せていきたいと思います。
したがって、mune様きっとお店作りにも役立つはずです。
これから作るHPが、障害のある方だけでなく事業者にとっても役立つ、情報提供、情報交換の場になるよう頑張っていきます。
皆様よろしくお願いいたします。
Posted by バリフリ事務局 at 2007年11月30日 23:23
宮崎が『九州一の福祉』を胸を張って言うために、とても大切な
活動だと思います。
市民として、一緒に変えていければと思いますので、ボランティア募集や
講演会情報など楽しみにチェックしていきますね。
Posted by たまちくわ at 2007年12月02日 15:08
素敵なホームページですね(^^)
風を吹かせていきましょう。
目指せ、バリフリ九州一(とりあえず)!
Posted by とまる at 2007年12月02日 21:42
>たまちくわさん。とまるさん。
元気の出るコメントどうもありがとうございます。
12月16日(日)の観光バリアフリー講座は、これからだれもが不自由なく外出したり、観光したりする宮崎のバリアフリーの環境づくり(ものづくりだけではなく人づくりも考えて)をどう進めていけばいいのか、講演者・高萩さんのアドバイスを得ながら考えていきたいと思います。私たち自身もこれからの宮崎を楽しみにしています。
Posted by バリフリ事務局 at 2007年12月03日 22:50
バリフリ事務局さま

障がいあるひとたちと同じく、子育て中の主婦たちもバリアを感じてます。
街にあるバリア(カフェ・授乳室・有料駐車場・トイレ)の情報問題を感じます。
行きつけの店が少なくなっているとこもバリアです。

でも、このサイトで情報は待ってました。
ご存知でしょうか。
宮崎市の子育て情報誌 ワイヤーママ宮崎。
口こみとホームページの投稿もとにつくるママが主役の情報誌が面白いです。書店・コンビにで300円で発売中。
知人の障害児を抱えるご家族にも役立つものあるといいなぁ。
明るく・楽しいサイトに期待してます。
Posted by ママママ30代 at 2007年12月05日 17:31
>ママママ30代さま
観光バリアフリーの情報は、街なかのありのままの様子を写真や
コメントを使って情報提供していきたいと思います。
できるだけお店の人たちと触れ合ってそのことをお伝えしようと思います。
私たちの目的は「行きたいところにどうしたら行けるか」です。
このことは子育ての皆さんにもきっと役立つと思います。

それからワイヤーママ宮崎のHPを見させていただきました。
様々な必要な情報がわかりやすく見れるようになっていて感心しました。
私たちもそのようなHP作りをしたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by バリフリ事務局 at 2007年12月06日 00:12
バリフリ事務局さま

12月16日 高萩徳宗氏の講演が楽しみです。
当日は、席は空いてますか。。。。。。
まちづくり研究や協働を研究しております学生です。
なぜ? 高萩徳宗氏を宮崎にお招きしようと、企画されたのですか。
また、他のパネリストのことももっと知りたいです。
おしえてください。
Posted by しんすけ at 2007年12月08日 21:31
>しんすけさま
12月16日当日の会場は100名以上収容の施設です。
13:30から開会ですが、余裕を持ってお越しください。


さて、高萩先生は旅行会社の社長さんですが、2年前に私は別府市で先生の講演の聞いたのですが、福祉に対する
思慮がたいへん深く、その内容にとても感動しました。


それは福祉の専門家にない、人権とか配慮とかそうゆうことで高齢者や障害者を語るのではなく、旅行サービスという先生の仕事から対等に人として福祉を語るところに感心しました。
ぜひ宮崎にと考えて、今回実現しました。きっと先生の講演に満足されると思いますよ。


それから、パネリストについてです。
Doまんなかモール委員会は、宮崎市の中心市街地の活性化のために、
活動をすすめられている商店街のとくに若い方たちを中心とした委員会です。今回は、高齢者や障害者を商店街の顧客として迎えることについて話をしていただきます。


は、宮崎県内のホテル旅館の皆さんの組合で、パネリストの高柳副組合長さんは青島観光ホテルの社長さんです。
青島観光ホテルは、ホテルの1Fに温泉施設を利用して高齢者のデイサービスをされており、今回はほかに高齢者や障害者のお客さんに対するホテルサービスについてお伺いしたいと思います。


また、宮崎県ホテル旅館生活衛生同業組合では昨年12月に全国の組合研修会で、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターに行かれとても感動したたということで、私たちも今年、第2回観光バリアフリー講座が伊勢志摩バリアフリーセンターからお越しいただいたものですから、今回の打ち合わせではとても話が合いました。


次に宮崎市の観光課長さん。宮崎市では高齢者や障害者の観光客を迎えるために何をしているのでしょう。これからも含めて話が聞けたらと思います。


アートステーションどんこやの菊永恵子さんは、車いすユーザーで押し花作家です。まちなかを出歩く経験や旅行の経験から今回話していただきます。


さんさんクラブは以前宮崎市老人クラブと言っていました。
今回、永井会長には高齢者の外出や観光ということで話をしていただこうと思います。


以上たいへん長くなりましたが、パネルディスカッションでのお話も楽しみにしています。
ぜひおいでいただきたいと思います。
Posted by バリフリ事務局バリフリ事務局 at 2007年12月09日 14:40
昨日は、私の誕生日祝いにこのバリアフリー情報を頂戴して来てみました。
民宿やってます。営業側からの意見としては、既存の福祉施設の観光化がベターだと思います。営業許可ををとって施設がホテルなり民泊下宿化していくのが経営の補完になるのではないでしょうか。わたしは自立生活運動から家を開くという事を学ばせてもらいました。既存の福祉が社会に羽を広げ包み込んでくれることも並立していけば良いなあ。風呂掃除ボランティアなら得意です。隔月くらいなら楽しんでやってみたい。ボランティアホテルへの道へ、双方からアプローチする風を吹かせませう。フ―ッ。
Posted by りんたろう at 2007年12月09日 16:59
>りんたろう様
意欲的なコメントありがとうございます。
福祉施設のホテル化大賛成です。
いろんな形で、高齢者や障害者の人たちの外出の機会が増え、
福祉施設も地域に溶け込み社会化していく。
すばらしいアイデアだと思います。
だれもが社会を構成する一員として、
観光や外出を楽しむことがあたりまえの風景となるよう
努力していきましょう。
Posted by バリフリ事務局バリフリ事務局 at 2007年12月09日 23:50
バリフリ事務局さま

ありがとうございます。
論文のテーマに考えました。
施設が観光化するなど斬新ですね。
大学でも探しておりますが、宮崎の観光バリア論文はあるのでしょうか。
宮崎県・宮崎市観光協会に問い合わせするとよろしいでしょうか。
テレビでも知事が観光客アップを宣言するなど、旬のフォーラムと思います。
宮崎の観光事情などのご意見も当日に聞かせてください。
Posted by しんすけ at 2007年12月10日 10:41
>しんすけさま

観光バリアフリーについて研究なさるとのこと。
たいへんすばらしいことだと思います。
観光バリアフリーは新しい概念ですので、
宮崎の観光バリアフリーについて書いた論文はないかもしれませんが、
私も宮崎県・宮崎市観光協会に直接問い合わせたわけではないので、
問い合わせてみるのもいいかもしれません。


宮崎の観光バリアフリーを調べる前に、参考に
岐阜県高山市は、平成8年ごろから「(観光客にとって)行きよいまちは、(市民にとっても)住みよいまち」を掲げ、県外の高齢者や
障害者をモニターとして招いて、意見を聞きながら道路や公衆トイレなど
を中心としてバリアフリーに改修しました。

このきっかけは高山市の観光客が落ち込んでいたので、
バリアフリーに目を向けたのです。
これにより観光客が落ち込む前より多い、年間300万人を超える
観光客が高山市を訪れるようになったと聞いています。


また、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターも第2回観光バリアフリー講座の
記録にあるように全国でも先進的な活動をしています。
これらの取り組みと宮崎の観光地について比較研究されるのも
いいかと思います。
これらのHPを見られるとその取り組みがわかると思います。


それから宮崎の観光事情は、講座当日、宮崎市の観光課長さんから
話があると思いますよ。
Posted by バリフリ事務局バリフリ事務局 at 2007年12月10日 23:31
バリフリ事務局 

ごくろうさまです。

ブログ作成から500人の方がアクセスされているんですね。
無からはじまって今日まで。

凄いことです。

どれだけ、新しいことに意識的になるかが大きいように思います。

きょうは、どんこやへ観光バリアフリー講座の問いあわせがありました。
障がい児を抱える父母会会からでした。
残念がってましたよ。
12月となると、行事が重なっているので、事前に調べてから講座
を組んでほしいと、温かいご意見でした。

観光バリフリ予告編をおしえてほしいとのことでした。
2回目の伊勢志摩バリ講座を受けてお母曰く『親子なら伊勢志摩にいけ
る』と思いましたよ。

わたしには、印象的な言葉でした。
Posted by あちね at 2007年12月12日 15:39
>たちね様

うれしい情報ありがとうございます。
今回の日程は、予算、講師の方の日程、会場等の都合などにより
決めました。
参加できない方たちにはたいへん申し訳けないと思います。
この結果については、これまでの連続講座の記録をこのブログに記載しているように情報として、皆様にお伝えしようと思います。


さて、近ぢか私たちのホームページを立ち上げようと思います。
そこで、次回は私たちの活動に参加されている方、興味を持っていただける方、賛同競れる方などを対象として、観光バリアフリーの特派員になっていただくための「ブログ作成講座」にしようと思います。


特派員の方たちの情報(ブログ)をホームページにリンクして、宮崎の観光バリアフリーの情報を豊富なものにしたいと思います。


「ブログ作成講座」教室の日程については今のところ未定ですが、
講師の先生と相談のうえ、会場等の都合も合わせ、できるだけ早く、
皆様にお伝えしようと思います。
よろしくお願いいたします。
Posted by バリフリ事務局バリフリ事務局 at 2007年12月13日 00:06
観光バリアフリー講座に参加しました。
ありがとうございました。
言葉がでないほど、収穫がありました。
バリフリ事務局に感謝いたします。
これからの宮崎を創る学生たちこそ聞く
お話ではなかったでしょうか。
大学に求められていることでもあるように
感じました。
参加者が増えてほしいと思いました。
継続してご案内を続けてください。
友人たちにも紹介します。
宮崎の集まりを講師の方がたたえておられ
たことが印象的でした。
全国には、このような集まりは少ないので
しょうか。
Posted by しんすけ at 2007年12月17日 12:03
>しんすけ様
さっそく感想をいただきありがとうございます。
私たちの活動は、市民活動団体や行政などの組織同士が、
対等の立場で課題解決に向けて活動する「市民協働」という形で進めてきています。

NPO伊勢志摩バリアフリーツアーセンターは、伊勢志摩観光再生のための
ひとつの方策として、当時の北川知事(現早稲田大教授)が、
トップダウンで市民協働の組織(伊勢志摩再生プロジェクト)をつくり、討論を重ね、県のバックアップのもと実現しました。
(しかし、現在は伊勢志摩バリアフリーセンターは完全に自立しています。)


宮崎のすすめ方は、それとは違うすすめ方で、少ない予算で、参加団体が知恵を出し合いすすめていますので、全国でも珍しいと思います。
Posted by バリフリ事務局バリフリ事務局 at 2007年12月19日 00:24
いいサイトですね。
さすが全国注目の宮崎ですね。
2月にプロ野球観戦に宮崎観光計画します。
大阪の車いす生活者です。

質問させてください。
1サンマリン球場では、オープン戦をバックネットで
観たいのですが可能でしょうか。
2甲子園では、車いす対応席でしか観戦できません。

3球場近くで美味しい地元の大衆食堂は
ありませんか。できれば車いすでいけるとこ。
段差は友人がおりますので可能ですが、幅が気に
なります。和式にもあがれます。
格安旅行を楽しみたくて書きました。

4繁華街で車いすで楽しく地元名物をつまんで飲める
 車いす対応のお店はご存知ないでしょうか。
 トイレ問題が気になります。

5車いす対応格安ホテルとかありませんか。

6宮崎駅からの宮崎便交通事情も教えてください。
 レンタカー事情・JR事情など。

7最近、飛行機で車いす対応できない航空会社あります。
 幅がバリアですねん。
 急ぎませんので分かるところで教えてください。
Posted by 関西から車いす旅人 at 2008年01月08日 02:40
>遠いところから連絡いただきありがとうございます。
長くなると思いますが、問い合わせにお答えしていきたいと思います。


1サンマリン球場では、オープン戦をバックネットで
観たいのですが可能でしょうか。
2甲子園では、車いす対応席でしか観戦できません。

>巨人がキャンプするサンマリンスタジアムには、バックネットうらに
車いす用観客席が2箇所(1箇所3席)あります。
球状全体では70席あるようです。
スタジアムは、ハートビル法の認定建物で、
エレベーターや車いすトイレなどバリアフリーは充実しています。

サンマリンスタジアム
http://m-bfree.pref.miyazaki.lg.jp/bin/s?F=D&C=457

サンマリンスタジアムのある「宮崎県立総合運動公園」
http://www.mppf.or.jp/undou/


>また、そのほか宮崎市のキャンプの情報として、
ソフトバンクホークスのキャンプするアイビースタジアム
(宮崎市生目の杜運動公園)には
車いす用観客席は、バックネット裏の最前列の30席ほどが可動席となっており、そこでご覧になられると思います。
ここもスタジアムは、ハートビル法の認定建物で、
エレベーターや車いすトイレなどバリアフリーは充実しています。


アイビースタジアム
http://m-bfree.pref.miyazaki.lg.jp/bin/s?F=D&C=1442

アイビースタジアムのある「生目の杜運動公園」
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/www/contents/1170226070004/index.html


3球場近くで美味しい地元の大衆食堂は
ありませんか。できれば車いすでいけるとこ。

>サンマリンスタジアムのある運動公園のまわりにはバリアフリーといえる店はありませんが、
運動公園の北側入口のそばに「忠太郎茶屋」といううどん屋さんがあります。
知られていませんが、宮崎はうどん屋さんが多く、おいしい店が多いです。
忠太郎茶屋も無添加の食材を使っているそうです。
出入り口は少し段差がありますが、介助者がいれば大丈夫です。

忠太郎茶屋
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000113821.html


>ソフトバンクのキャンプするアイビースタジアム
周辺は何もないところですが、その
「生目の杜運動公園」から西へ500mほど
行ったところにバリアフリーの大衆食堂「とみ吉亭」(車いす対応トイレあり)
があります。地元の人と触れ合ってみてください。


とみ吉亭
http://m-bfree.pref.miyazaki.lg.jp/bin/s?F=D&C=1345


5車いす対応格安ホテルとかありませんか。

>「スーパーホテル宮崎」があります。
場所は県庁の近くで、繁華街にも近くとても便利なところです。
以前2人ほど紹介しましたが、
車いすルーム(ツイン)は広くて使い勝手がよかったようです。
http://www.superhotel.co.jp/s_hotels/miyazaki/miyazaki.html


4繁華街で車いすで楽しく地元名物をつまんで飲める
 車いす対応のお店はご存知ないでしょうか。
 トイレ問題が気になります。

>「スーパーホテル宮崎」のすぐそばに(北側)「創作居酒屋 銀の月」
があります。私たちもよく利用しますが、
車いすトイレがあり、宮崎の名物料理が食べられ、格安な居酒屋さんです。

創作居酒屋 銀の月
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000029727.html?vos=nhppalsa000016

>また、おいしい宮崎地鶏を食べさせてくれる店で、
「スーパーホテル宮崎」から歩いて10分くらいのところ(繁華街)に
バリアフリーの店「やまぢ」があります。車いすトイレもあります。

居心地屋やまぢ
http://r.gnavi.co.jp/f184801/

関連記事(伊勢志摩バリアフリーツアーセンターの情報)
http://blog.goo.ne.jp/hasakaru/m/200703


6宮崎駅からの宮崎便交通事情も教えてください。
 レンタカー事情・JR事情など。
7最近、飛行機で車いす対応できない航空会社あります。
 幅がバリアですねん。

>大阪(伊丹)から宮崎までの航空会社はANAとJAL
関空からはANAです。
そして、バリアフリーの充実した宮崎空港に隣接して、
JR宮崎空港駅があります。
駅はバリアフリーで2Fの改札やホームまでエレベーターで上がれます。
乗車には、駅員がおりますのでスロープを使い乗せてくれます。

※宮崎の鉄道車両はほとんどバリアフリーの車両はありません。


宮崎空港駅案内
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E7%A9%BA%E6%B8%AF%E9%A7%85

宮崎空港駅時刻表
http://www.mnet.ne.jp/~ishizaki/jrkuukou.htm


>宮崎空港駅から20分ほどでJR宮崎駅に着きます。
車いすの場合、空港駅から連絡が行くので宮崎駅でも駅員が対応してくれるはずです。
宮崎駅にはエレベーターがあり、2Fのホームから1Fの改札まで下りられます。
1Fには車いすトイレもあります。

宮崎駅案内
http://www.ne.jp/asahi/jim/a/ekinaimap.htm

宮崎駅時刻表
http://www.jrkyushu-timetable.jp/cgi-bin/jr-k_time/tt_dep.cgi?c=28903


>宮崎駅から西に500mほど(歩いて15分程)行くと中心市街地になります。
宮崎駅西口からノンステップバス(福祉文化公園行き)も出ていますが、
すべてではありませんので、駅西口のバス停の時刻表(ノンステップバスを表示)で確認してください。
また、駅の西口には「駅レンタカー九州」があります。
このレンタカー屋さんにはほとんど段差なく入れます。


>周辺のことがわからないときは宮崎駅の構内1Fに観光案内所がありますので聞いてみてください。


>それから、宮崎駅から日南線(下り)で
サンマリンスタジアム(巨人)のある「運動公園駅」へ行くことができます。(30分ほど)
運動公園駅はスロープがあり、バリアフリーですが、無人駅なので
介助者が必要です。


>「生目の杜運動公園」のアイビースタジアム(ソフトバンク)へは、直接行く鉄道やバスは通っていませんのでレンタカー等を利用してください。


>サンマリンスタジアムから国道220号で南へ行くと青島や日南海岸があります。
とても景色がよいところです。


>そのほか、宮崎の観光情報はプロ野球キャンプ情報を含めて
宮崎県観光情報サイト
http://www.kanko-miyazaki.jp/

>車いすトイレなどの情報は
みやざきバリアフリー情報マップ
http://m-bfree.pref.miyazaki.lg.jp/

>以上のほかに分からないことがありましたらまたご連絡ください。
Posted by バリフリ事務局バリフリ事務局 at 2008年01月09日 23:23
バリフリ事務局さま

ありがとうございました。

旅行代理店の方が書かれているのでしょうか。

車いすの仲間、旅好きな仲間にもサイト広げてます。

知的障がいの仲間や視覚障がいの仲間で、旅好きがたくさんおります。

情報があるようで無いのが現状です、本当にうれしいでした。

おおいに地元を楽しんでいる方の生きた情報がほしかったんです。

情報をもとに調べてみます。

宮崎では、障害者の世界サーフィン大会やマラソンもあると聞きました。

福祉は進んでいるのでしょうか。
Posted by 関西から車いす旅人 at 2008年01月10日 23:46
>関西の車いす旅人さま
さっそくお礼のご返事いただきありがとうございました。


私たちバリアフリー検討委員会は、
障害のある方などが行きたい宮崎の情報を提供するために
活動を始めました。
このような情報提供をいつでもとれる事務局体制づくりが
今後の大きな検討課題です。


ちなみに私は30年以上もボランティア活動をしており、
また現在職場も福祉関係(公務員)におりますので
しばらくは、このブログを使い、なるべく詳しい宮崎の情報をお届けできたら
と思っています。


それから宮崎市は「九州一の健康福祉都市」をめざしています。
また、宮崎県や宮崎市の福祉のまちづくり条例は
対象の施設を小さい店でもすべて行政指導されていますので、
段差解消や車いすトイレを設置する店が増えてきています。
私たちも宮崎の福祉がすすむよう活動したいと思っています。


それでは気をつけて宮崎へお越しください。
Posted by バリフリ事務局バリフリ事務局 at 2008年01月11日 00:37
バリフリ事務局さま

宮崎は楽しそうですね。
関西車いす旅人君からおしえてもらいました。

有名な高千穂峡へは、車が便利でしょうか。
道草しながら、食べながら、宮崎の北を満喫したいです。
高千穂は有名ですよね。
あと、高鍋大使も有名ですね。
車いす2名になるかもしれません。
県観光課のサイトでは、アクセスがよくわからなかったんですが。
これからも仲間に広げます。
Posted by あゆ at 2008年01月13日 22:57
>あゆ様
ご連絡ありがとうございます。

さて高千穂町や高鍋町は私どもバリアフリー検討委員会では
未調査ですので、わかる情報だけをお伝えします。


高千穂町ですが、平成17年の台風14号の被害で
TR高千穂鉄道が廃止されていますので、車でのアクセスになります。
宮崎市内からだと車で3時間ほどかかります。


高千穂町は山間の町で、すなわちたいへん大きな高低差ばかりの所なので
車いすの方たちだけだと高千穂峡など観光できないと思います。
詳しくは、下記に問い合わせてみてください。


 高千穂町役場 商工観光課

 ・TEL 0982-73-1212
 ・FAX 0982-73-1234
 ・MAIL syoukan@town-takachiho.jp

高千穂町HP

http://www.town-takachiho.jp/menu/menu.htm


高鍋大使も車が便利です。
宮崎市内からだと1時間ほどのところです。

高鍋町HP観光案内
http://www.town.takanabe.miyazaki.jp/siteseeing/midokoro.html

それでは今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by バリフリ事務局バリフリ事務局 at 2008年01月14日 01:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
観バリフリ[ご挨拶]
    コメント(27)