このBlogで、今まで書いてる記事を リスト表示します。 カテゴリと記事と兼ねて見やすくなっています
└→ サイトマップ

2008年02月01日

ライトアップと観光バリアフリー

宮崎県庁前ライトアップ

たいへん長らくのご無沙汰です。ガーン
観光バリアフリーはどうなっているのだろうと思われている方もあるかもしれません。
現在、バリアフリー検討委員会では今年3月中のホームページアップに向け
検討を進めています。ダッシュ

さて、今日はバリアフリー検討委員会の構成団体である
(社)宮崎県建築士会宮崎支部や宮崎商工会議所などが
「宮崎をひかりで変える実行委員会」をつくり企画している
宮崎県庁前のライトアップについてお知らせします。

夜間の県庁前はとても暗くてうっそうとしていて、人通りも少ないです。
昼間の県庁はあんなに人気があるのにがいこつ
そこでこの実行委員会では下記を行います。

(ちらし)



1.宮崎県庁前の楠並木、日本庭園、県文書センターをライトアップします。
期間 平成20年2月14日(木・点灯式)2月15日(金)~3月1日(土)の金、土
時間 18:30~22:00
※2月14日(木)18:30~点灯式は東国原知事が行なうかも(交渉中)

2.夜間景観セミナー
日程 平成20年2月22日(金)18:30~20:00
会場 宮崎市民プラザ4Fギャラリー(宮崎市役所本庁舎北側)
入場 無料
講師 松下美紀先生(照明デザイナー)~県庁前ライトアップの設計者
※講演会終了後に県庁前にて説明会を行ないます。

(観光バリアフリーとライトアップについて)
夜景鑑賞は他国に類を見ない日本オリジナルの鑑賞文化だそうです。
日本人は昔から夜景を楽しむ民族で、日本は世界で一番夜祭りが
多い国ということです。
考えてみれば盆踊りや迎え火、灯篭など日本には夜の風情を楽しむ
文化がとても多い気がします。花火

そう考えると夜景を彩るライトアップは、老若男女や障害の有無などに
関係なく、人をひきつける不思議な魅力や癒しの効果があると思えます。
ライトアップによって外出の意欲や宮崎観光の魅力を高めるなど
大いに期待しています。拍手

ぜひこの機会に県庁前とシンポジュームに参加してみませんか。
ライトアップをご覧の際は温かい服装でおいでくださいね。

観光バリアフリーのホームページではこのような企画も
応援していきます。

2月4日は今年最初のバリアフリー検討委員会です。
第4回の観光バリアフリー講座の計画など今後のスケジュールを決める予定です。
このことはこのブログで直ちに報告したいと思います。




同じカテゴリー(紹介)の記事画像
ICAT2009アクセス観光国際会議報告3日目
アクセス観光旅行国際会議2日目
シンガポールで開催された「ICAT2009」に参加しました
宮崎観光バリアフリーマップが完成しました
橘公園のイルミネーションとライトアップ
中心市街地活性化でバリアフリーが熱く語られました
同じカテゴリー(紹介)の記事
 ICAT2009アクセス観光国際会議報告3日目 (2009-07-22 23:51)
 アクセス観光旅行国際会議2日目 (2009-07-21 23:54)
 シンガポールで開催された「ICAT2009」に参加しました (2009-07-20 22:52)
 宮崎観光バリアフリーマップが完成しました (2009-03-15 23:44)
 橘公園のイルミネーションとライトアップ (2008-12-11 23:15)
 中心市街地活性化でバリアフリーが熱く語られました (2008-03-26 00:27)

Posted by バリフリ事務局 at 22:25│Comments(0)紹介
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ライトアップと観光バリアフリー
    コメント(0)