このBlogで、今まで書いてる記事を リスト表示します。 カテゴリと記事と兼ねて見やすくなっています
└→ サイトマップ

2008年03月26日

中心市街地活性化でバリアフリーが熱く語られました

本日宮崎市民プラザにおいて
宮崎市中心市街地活性化フォーラムが開かれました。
パネリストは、宮崎市長、木島英登さん(大阪府)、菊永恵子さん(どんこや)、黒田奈々さん(ドロップインセンター)、
村岡浩司さん(Doまんなかモール委員会)です。





討論のテーマは中心し市街地活性化ですが、検討課題は今の車線を1車線づつ減らして歩行者空間を
確保する橘通の4車線化についてです。

討論は「人が中心のまちづくり」「交通問題」「市民参画」の3つに分けて話がすすみました。
しかしいずれの問題もバリアフリーの問題と大きく関わっていました。

木島さんは、第1回観光バリアフリー講座(平成18年11月19日)の講演者で
世界70カ国以上を車いす単独で旅行してますから、「自動車が優先か、歩行者優先か」をテーマに
日本国内や海外の歩行者中心のまちづくりの状況を報告されました。
LRTというバリアフリーで車いすなどが乗れる低床型の路面電車のほかに、
BRTという低床バスが専用レーンを走るコロンビアやジャカルタの様子は、
路面電車の軌道がない宮崎市にとってはこちらのほうが宮崎にとっては向いているように
思えました。
専用レーンを確保する必要がありますが、渋滞を気にせず、高齢者や障害者、子どもなどを含めて
安心して乗れます。
木島さんは人中心の、人同士が触れ合えるまちづくりの良さをバリアフリーの面から多く語っていただきました。

どんこやの菊永恵子さんは、第3回観光バリアフリー講座のパネリスト。今回もパネリストとして
「車いすが行ければ、乳母車や高齢者なども行きやすくなる。」とバリアフリーの
重要性を語っていただきました。

パネリストの意見を全員紹介できないのは残念ですが、
この中心市街地活性化の問題は、市民の合意形成や活性化に向けた研究など今後も検討が必要と思われます。
ただ、私たちがすすめようとしている観光バリアフリーは
中心市街地活性化にも結びつくことを実感いたしました。

なお、このフォーラムでも宮崎市が「バリアフリー化推進功労者表彰」
を受けていることが話題になりましたよ。



同じカテゴリー(紹介)の記事画像
ICAT2009アクセス観光国際会議報告3日目
アクセス観光旅行国際会議2日目
シンガポールで開催された「ICAT2009」に参加しました
宮崎観光バリアフリーマップが完成しました
橘公園のイルミネーションとライトアップ
バリアフリー化推進功労者大臣表彰
同じカテゴリー(紹介)の記事
 ICAT2009アクセス観光国際会議報告3日目 (2009-07-22 23:51)
 アクセス観光旅行国際会議2日目 (2009-07-21 23:54)
 シンガポールで開催された「ICAT2009」に参加しました (2009-07-20 22:52)
 宮崎観光バリアフリーマップが完成しました (2009-03-15 23:44)
 橘公園のイルミネーションとライトアップ (2008-12-11 23:15)
 バリアフリー化推進功労者大臣表彰 (2008-03-15 23:16)

Posted by バリフリ事務局 at 00:27│Comments(5)紹介
この記事へのコメント
会場に参加したものです。
いいブログですね。
知りませんでした。。。

宮崎市住民の主婦です。
皆さんの思いは、熱かったですよ。
報道では気づかないものばかり。

公園化提案らしい会場の雰囲気があると良かったかな。
男のひとが多いのが残念。
たとえば、お花とか1つあるだけで会場がいい感じ。
空調がわるかった。

資料は立派でしたが、住民が納得する数字やメッセージがなかった。
どのくらいの予算(投資)をめざして公園化したいのか、市長からなか
ったのが気になります。
コミュニティ税のお話とリンクするお話でもあったように思えますが。。
中心市街地以外の地区はどうなの?
台所事情が厳しい主婦は、心配。

どうでしょう バリフリさま
Posted by 夢おい主婦 at 2008年03月26日 07:29
中心市街地の整備には、行政主導のコストが必要ですが、ソフト面、時に
街の魅力、サービスという点では、やはり「人」がポイントでしょうから、
今後、観光バリアフリーさんとの連携が必須になってくるのではないでしょうか?みやchanも協力しますので、がんばりましょうね。
Posted by @焼きあじ at 2008年03月26日 09:26
お誘いを受けていたのですが、レッスンが終日入っていて伺えませんでした。
残念です。
確かに、「街のバリアフリー」と無関係ではありませんよね、
また機会があったら、参加させてください。
Posted by pasokonkon at 2008年03月26日 10:32
行ってよかったです。

双子の子どもさん誕生のプロデューサーつんく氏。

エッセイにいい事を書いてましたよ。
独創的なことを始める時には。。。。。。
社員に検索からするな、ヒントは近所にあると。
きのうのシンポには、ヒントがたくさん落ちてました。
いただきます。
Posted by どんどこ どんどん at 2008年03月26日 14:21
<夢おい主婦さま
確かに橘通を公園化するイメージがわきにくい、
当日の配布資料にイメージ図がありましたが、
現実からかけ離れているような、とてもこういう風なまちにしたい
とは思えないものでしたし、
いろいろな意見を積み上げて、中心市街地以外のつなぎを考えて、
こういうふうな中心市街地がいいな
と思えるような絵を描いてほしいと思います。

すると、予算も出るだろうし、予算の捻出をどうするかの議論にも
なると思います。
そのためにももっといろいろな人たちが参加する議論が必要だと思います。

それから会場の雰囲気や会議の持ち方「お花」とか、男中心にやると
気が回らないですね。ありがとうございます。私たちもヒントになりました。

>焼きあじ様
これから情報発信や情報収集の面でみやchanとの連携は
欠かせないものになると思います。
よろしくお願いします。

>パソコンこん様
なんにでも顔を出すのは不可能ですから、このような情報発信が
必要なのでしょうね。
自分たちが思い描くことを人に伝える、そんな情報発信をしていきたいです。
まだまだ未熟です。今後も教えてくださいね。

>どんどこ どんどん様
私たちも、昨日のフォーラムは観光バリアフリーをすすめるための
意義や今後の方針を考える場となりました。
また思ったことを書き込みしてくださいね。
Posted by バリフリ事務局バリフリ事務局 at 2008年03月27日 00:10
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
中心市街地活性化でバリアフリーが熱く語られました
    コメント(5)