このBlogで、今まで書いてる記事を リスト表示します。 カテゴリと記事と兼ねて見やすくなっています
└→ サイトマップ

2009年07月22日

ICAT2009アクセス観光国際会議報告3日目

おととい、昨日に引き続いて、シンガポールで開催された「ICAT2009」(アクセスできる観光旅行に関する国際会議2009)の報告です。

3日目(2009年4月25日)は
閉会行事が行われました。
来年は台湾です。

このとき、2009年11月24-26日に高山市で開催される
「ESCAP高山国際会議~アジア太平洋地域でのインクルーシブやバリアフリー社会の創造についての国際会議」について、
全国身体障害者総合福祉センターの友末幸太郎さんから紹介がありました。


ESCAP高山国際会議を紹介する友末幸太郎さん

この大会に参加して、世界中に旅行したい障害者や高齢者の人たちが大勢いることを改めて感じました。
とくに高齢者や障害者にとってスムーズなアクセスの必要性を感じました。


シンガポールで開催された『ICAT2009 』(アクセスできる観光旅行に関する国際会議2009)の会議テーマは、
「すべての人たちのための制限のない観光旅行」です。

そこで、今回、車いすの友人とシンガポール、マレーシア(クアラルンプール)、
インドネシア(パレンバン)を旅行し、
私なりに「すべての人たちのための制限のない観光旅行」について考えました。

1.スムーズに行けないストレス~空港でのトラブル
シンガポール空港にはボーディングブリッジ(写真)があり乗るときはスムーズだったのですが、クアラルンプール空港には、それがなくタラップでした。そこでトラブルに。

関西空港ボーディングブリッジ

航空会社のほうは私が介護者と思い介護して飛行機から降りるものと思っていたようですが、
私は重い荷物を3つ(自分の、木島さん(講演用のパソコン入り)、
クアラルンプールで泊めてもらう友人宅への焼酎などのお土産入りバック)持っていたので、
おぶって降りることは無理でした。
知らない外国で荷物を一時的にも目から話すことはできません。

クアラルンプール空港のリフト車

車いす乗り込み

リフトアップで車内へ

車の荷台がせり上がり飛行機へ乗り込みます(飛行機右側がタラップ)

この航空会社は車いす用のリフト車(写真)をもっているのですが、
2日以上前から予約していないと利用できないということでリフトは出してくれません。
(日本から予約しているのに、この空港にそんな規則があること自体わかりません。)

施設がバリアフリーでないのは施設側の落ち度だと思いますが、
そのためのリフトの使用について勝手に規則を作り、
それを乗客に求めるのは筋違いもいいところです。
大いに怒りました。

とうとう次の乗客が入ってきました。
そこでむりに車いすでタラップを降りようとして、
ようやく写真のリフト車を出してくれようやく飛行機から降りることができました。
なお、帰りの便は来たときのトラブルを避けるために、
ちゃんとこのリフトの予約をしたのでスムーズに乗ることができました。

2.事前情報が必要
行きたいところに介助しなければ行けないとわかっていれば、
荷物を事前に送ったり、もって行く荷物を減らしたり工夫して、
あらかじめ打ち合わせした上で、
クアラルンプール空港では彼をおぶって飛行機から降りていたと思います。

行ってはじめて分かるバリアの情報では、障害者や高齢者の場合たいへん困ります。
(同行者も含めて)次の空港に到着するたびに、ボーディングブリッジがついているかどうか私も心配でした。

したがって、障害者等の旅行がスムーズにいかないと、
障害者等のみならず、同行する者にとっても「もう2度と来るものか」という大きな思いになります。
今回の旅行で、事前情報の大切さを十分認識しました。

3. めざすのは他の人と同じようにスムーズに旅行できること
すべてにわたってバリアフリーは不可能ですが、
受け入れ側として、基本的なバリアフリーは整備しておなかければならないと考えます。

そのためには、利用者、とくに移動に制約のある人たち
(障害者、高齢者、妊産婦、ベビーカーを押す人、外国人など)の意見を聞く姿勢が必要だと思います。

以前宮崎でこんなことがありました。
居酒屋に宮崎の車いすの友人と行ったら、
そこの従業員の方が車いすの友人に
「車いすトイレをつくったけど使いにくいところがあったら言ってください。」と言ってきました。
そのときは具体的に手すりの位置について意見を言ったようですが、
その後彼はその店をひいきにしているようでした。

困難を1つづつ解決していく努力が、だれもがスムーズに旅行できることにつながると思います。
今回シンガポールなどを旅行して世界中に旅行したい高齢者や障害者がたくさんいることを実感しました。

観光バリアフリーは、高齢者や障害者に「~してあげる。」という態度ではなく、
顧客として「~しなければならない。」と対応する姿勢が必要だと感じました。




同じカテゴリー(紹介)の記事画像
アクセス観光旅行国際会議2日目
シンガポールで開催された「ICAT2009」に参加しました
宮崎観光バリアフリーマップが完成しました
橘公園のイルミネーションとライトアップ
中心市街地活性化でバリアフリーが熱く語られました
バリアフリー化推進功労者大臣表彰
同じカテゴリー(紹介)の記事
 アクセス観光旅行国際会議2日目 (2009-07-21 23:54)
 シンガポールで開催された「ICAT2009」に参加しました (2009-07-20 22:52)
 宮崎観光バリアフリーマップが完成しました (2009-03-15 23:44)
 橘公園のイルミネーションとライトアップ (2008-12-11 23:15)
 中心市街地活性化でバリアフリーが熱く語られました (2008-03-26 00:27)
 バリアフリー化推進功労者大臣表彰 (2008-03-15 23:16)

Posted by バリフリ事務局 at 23:51│Comments(0)紹介
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
ICAT2009アクセス観光国際会議報告3日目
    コメント(0)